脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があるといわれています。

皮下脂肪は、皮膚の下にある脂肪のことをいい

見た目を左右し、つきやすく落ちやすい脂肪ともいえます。

内臓脂肪は、見た目ではあまりわかりにくいため

気づかないうちに蓄積されていることが多いのが現状です。

たまたま体調不良で病院で検査をした際に

内臓脂肪を指摘される人もいるようです。

「下腹部が気になる」

「おなかまわり 腰回りの肉がやばい」

このような場合は、内臓脂肪が蓄積されていることが多いといえます。

おなかの肉をチェックしてみるとわかるようです。

お肉があるのにうまくつかめない人は

内臓脂肪が蓄積されていると思ったほうがいいようです。

内臓脂肪が蓄積されていると、どんなに腹筋を頑張っても

残念ながら効果はうすいといわれています。

内臓脂肪をへらすには、食事を気をつけることがポイントです。

食事を気をつけて 代謝をよくすることで気になっていたお肉を落とすことができ

ぺたんこのおなかに近づくことができるのです。

食事を気をつける方法とは

「酵素」をたくさんとることです。

酵素をたくさんとることで、からだの消化がスムーズにすすみ

残りの酵素が代謝のはたらきへまわることができ

新陳代謝がよくなることで、頑固な内臓脂肪が燃焼に

へらすことにつながります。

内臓脂肪を減らすという事は、見た目や、体重だけが減るのとは違い

からだのなかからダイエットすることができる

ある意味本当に意味のあるダイエットといえるのではないでしょうか。

話題の酵素ダイエットは、内臓脂肪をへらすのにぴったりのダイエット。

頑張って運動することなく、酵素の食事を意識して多く取るようにするだけで

変化がでてくるようです。

代謝がよくなり からだがかるくなったところで

はじめて、運動などをしてみようという気持ちになるのが普通ではないかと思います。

酵素ダイエットで内臓脂肪をへらしてみるのはいかかですか?