酵素ダイエットをする際、どの食べ物を食べることが多いですか?

酵素が含まれてると言われている食べ物「食物酵素」

野菜 果物 発酵食品などがあります。

手軽な酵素ドリンクをはじめとする酵素のサプリメントを併用している

そんな人も少なくありません。

すこしおなかが空いてしまったとき 休日の朝食に 毎日の朝食に

果物を食べる習慣を身につけると、より酵素ダイエットの効果が期待できます。

酵素が多いと言われている果物は

りんご メロン バナナ パイナップル パパイヤ オレンジ キウイ

どの果物も100グラムあたり38~87キロカロリーととても低カロリー。

ちなみに、パン アイス おもち ホッとケーキなどは

どれも200キロカロリーを普通に超えているので、果物がどれだけ低カロリー

なのかが納得できると思います。

果物は糖分が多いでしょ? 南の国の果物はからだを中から冷やす効果があるから

代謝が悪くなっちゃう!というような心配する声もきかれますが

実はそうでもないことがわかってきています。

果物のほとんどは水分であるため低カロリー。

果物にある甘さは果糖やブドウ糖と良質な糖分のため、消化がよくすぐにエネルギーにかわる

といわれています。ですから、すこし多めにたべても太りにくいし、甘みもあるので満足感も得られます。

酵素ダイエット中にまさに最適な食べ物といえるのではないでしょうか。

なかでも、上記にあげた果物は たんぱく質分解酵素が含まれているため、代謝UPにもさらに効果が

期待できるようです。

酵素ダイエットでの朝食 間食や、ダイエットをしていなくても健康のために

果物を食べる習慣もいいかもしれません。