低GI食品という言葉

耳にしたことありますか?最近注目されている言葉のひとつです。

GI値とは、血糖値の上昇率を指す値のことをいい

GI値が低いと、食後の血糖値の上昇が緩やかになるといわれています。

そのため、空腹感を感じにくく太りにくいということから

ダイエット目的のひとや、美容のため、健康のためなど

多くの分野で注目されている食品のひとつです。

もともとは、糖尿病患者さんの食事にかかせないものなのだそうです。

この低GI食品を、酵素ダイエットにも取り入れている人が増えてきているようです。

ダイエットの効果がさらに期待できると評判。

低GI食品とは、どのような食べ物のことを指すのでしょうか?

ふだん、白米を食べている人は玄米に代えてみるといいそうです。

また、お蕎麦屋、全粒粉小麦パンを意識して食べてみたり

パスタや春雨もGI値が低い食べ物といわれています。

果物ではバナナやパパイヤ いちご りんごなどがおすすめ

野菜では 大豆 にんにく レタス 春菊 やまいも さといも さつまいもなどなど・・・

牛乳やチーズも比較的GI値は低いといわれているようです。

これらの食品を上手に取り入れることで、より楽しく酵素ダイエットを

続けることができますし、食事メニューに困ったときの参考にもなりますね。